ジャーニーとしてのハイブリッドクラウド: 今後の計画策定に役立つ7つのガイドライン

Whitepaper Hybrid Cloud

あなたは、ビジネスでの成功を目指すなかで、チームをリードする最先端のIT組織の実現を求められる、新たな役割を任せられました。ところが、足かせとなって進捗を遅らせるレガシーインフラストラクチャを抱えていることに気づきました。新しいテクノロジーとレガシーインフラストラクチャを統合し、それらを効果的に連携させるには、どうすればよいのでしょうか? ハイブリッドクラウドの柔軟性と適応性を取り入れることで、そうした問題を解決できます。成功へと導くハイブリッドクラウドのロードマップ策定に関する、7つのガイドラインをご覧ください。

重要なポイント

レガシーのデータセンターによって企業が制限されないようにします。

ビジネスの中断を最小限に抑え、競合他社の一歩先を進み続けます。

エッジからクラウドまでの接続と柔軟性は、ビジネスに成功をもたらします。

ITトランスフォーメーションジャーニーに決して終わりはありませんが、そうした変革は必ずしも面倒なものではありません。

Sign up to our content service and access now

Opt In?

Explore similar content

HPE

ハイブリッドクラウドはエンタープライズデータに適切なレベルのセキュリティを提供できるか?

ハイブリッドクラウド戦略を採用している組織では、ローカルデータとクラウドベースのデータに対して異なるセキュリティポスチャが求められます。オンプレミスのデータはきめ細かいレベルの制御で厳重に保護する一方で、クラウドワークロードについては専門知識が豊富なサードパーティのパートナーにセキュリティをアウトソーシングすることが考えられます。HPEが最近公表した調査では、IT意思決定者が、場所を問わず企業のデータに最適なレベルのセキュリティを特定し、実装している方法について説明しています。 重要なポイント 企業がどのような戦略を採用したとしても、攻撃は今後も引き続き増加し、高度化していくことでしょう。 組織はまず、自身のセキュリティ成熟度を率直に評価する必要があります。 すべてのワークロードにわたり、ゼロトラストフレームワークの原則を実装することが重要です。
Whitepaper Hybrid Cloud
HPE

「クラウド導入にあたり、一番柔軟性の高い方法はハイブリッドクラウド」とテクノロジーリーダーは語る

現代の企業にとって、適切なインフラストラクチャを実装できる、唯一の万能なソリューションはありません。多くの企業は、パブリッククラウドサービス、綿密に管理されたプライベートクラウド、従来のオンプレミスデータセンターを組み合わせた、混合型の環境を展開しています。新しいレポートによると、データとアプリケーションのクラウド移行を検討している企業にとって、ハイブリッドアプローチが最適な選択肢であることが明らかになっています。 重要なポイント 組織は、インフラストラクチャ全体を見わたして、環境全体を単一のエンティティとして管理します。 ハイブリッドアプローチはカスタマイズ性がより高いため、最も適切な環境に各ワークロードを配置できます。 シンプルなのは良いことですが、高度化も必要です。 ハイブリッドクラウドは最大の柔軟性を最小のリスクで実現します。
Whitepaper Hybrid Cloud
HPE

ハイブリッドクラウドがデータを有益な情報に変える方法

あらゆるビジネスは、データを基にして運営されています。そのデータはますますエッジで収集され、使用されるようになっています。しかし、データはすべて、ビジネス上の意思決定を後押しするインテリジェンスに転換されて初めて、真に価値あるものとなります。最近の調査が示しているように、ハイブリッドクラウド戦略の導入は、企業がデータから有益な情報を引き出すための最も有効な方法の一つです。 重要なポイント (プロモーションアセットの作成に使用) エッジで生成されるデータが増加し、リモートワークが増え続けるなか、柔軟性は最優先のニーズになっています。 真のハイブリッドデータ戦略が有益な情報をより迅速にもたらします。 信頼できる単一の情報源がよりスマートな意思決定を可能にします。
Whitepaper Hybrid Cloud